200症例以上のFIP治療実績。詳細な治療データ多数掲載。
~MUTIAN(ムティアン)からCFNへ~

当院のFIP治療では、200症例以上FIP治療経験と、95%以上の改善率、2%以下の再発率という治療実績があります。

当院では、現在報告されているFIP(猫伝染性腹膜炎)治療成績の中では、最も高い改善率(95%以上)、最も低い再発率(2%以下)が得られており、唯一重症度に関わらず全てのFIP症例において再発保証がある、CFNをFIP治療薬として扱っております。

「CFN」以外のFIP治療薬を処方している他施設において、当院の治療成績以上のデータは未だ報告されていません。
MUTIAN(Xraphconn(ラプコン))による治療では、5~10%の症例で再発する、というデータがあります。

これまで200症例以上のFIPを治療してきた豊富な経験から、より改善しやすい治療方法を模索し続けてきました。当院の治療成績など、様々なデータを掲載することで、飼い主様へFIP治療の情報を提供できればと思います。

低価格FIP治療として、モルヌピラビルも取り扱っております。

詳しくはコラムをご参照下さい。

Reasons

多くの飼い主様から
当院が選ばれる5つの理由

確かな治療実績

国内で既に1000例以上のFIP(猫伝染性腹膜炎)治療実績があり、当院でも200例を越える治療実績のあるCFNを使用しています。CFNの治療成績は、現在流通している他のFIP治療薬よりも最も高い改善率、最も低い再発率がデータから証明されています。
ムティアン(ラプコン)、モルヌピラビル、GS製剤など、他のFIP治療薬で改善されなかった症例がCFNで改善している例が、当院含め、多数報告されています。

安心の再発保証

ほとんどのFIP治療薬には再発保証は無く、あっても重症度が高い症例に対しての保証は付きません。
CFNはどれほど重症であっても、改善後の再発に対し、再発保証が付いています。
再発はCFNでは非常に少ないですが(2%程度)、再発時の治療薬は全て無償で提供されます。
また、当院ではモルヌピラビルも扱っており、再発、再再発などが生じた場合でも治療の選択肢を残し、可能な限り完治を目指します。現在、再発や再再発が生じた症例でも全て完治できています。

国内で最も安く治療が可能

CFNやムティアン(ラプコン)などのFIP治療薬は、現在200mg1錠が¥4800~6000で処方されています。当院では市場最低価格として、200mg1錠を¥4700に設定し、各施設と比較して最も安く治療を実施できるようにしています。

3kgウェットタイプの症例当院一般
7050円×84日間=592200円9000円×84日間=756000円
※最も投薬量が少ないウェットタイプを基準にしています。

モルヌピラビルという選択肢

当院ではFIP治療薬として、CFNの他にモルヌピラビルを取り扱っております。
モルヌピラビルはCFNやムティアン(ラプコン)などに比べ、1/3~1/4程の費用で治療が可能となります。
実際には、CFNと比べ治療の反応が遅かったり、改善しにくいことがあることも分かっておりますが、金銭的理由からFIP治療を諦める前に、治療の選択肢として検討頂きたいと考えています。

遠方の相談にも親身に対応

当院では、東北地方から九州地方まで、広く遠方の患者様からの対応を行っています。
基本的には初回の来院をお願いしていますが、来院が困難な場合はかかりつけ様と連携の上で、お薬の郵送も行っております。まずはお電話にてご相談下さい。

治療にあたっては、主にメール、電話でのやり取りを行っていきます。

Greetings

院長紹介

これまで、様々な病気を自分で治してあげたい、という思いから、内科としては予防医療から化学療法(抗癌剤治療)、外科としては難易度の高いとされる多くの手術を行って参りました。

夜間診療にも数年従事し、また地域の中核病院の分院長として、責任を持って治療にあたってきました。
また、これまでの手術実施件数は2,000件を超え、多くの研修医や勤務獣医師への指導・育成も行ってまいりました。

より延命を期待できる治療が、ペットと飼い主様にとって最良な治療になるとは限りません。治療は必ずしも一つではなく、飼い主様と話し合い、納得頂ける治療を考えていくことが非常に大事な事だと思っています。

これまでの知識や経験を活かし、この地域の皆様へ、ペットとより幸せな生活を送ってもらえるよう、尽力致します。

院長|日向 健介
院長 日向 健介
経歴
2005年北里大学獣医学科卒
2005-2009年千葉県船橋市の動物病院で小動物臨床に従事
2009-2013年千葉県流山市の動物病院で小動物臨床、夜間救急診療に従事
2013-2019年千葉県柏市の動物病院で、分院長として勤務
2020年ひなた動物病院開院
所属学会
日本獣医がん学会
Access

アクセス

ひなた動物病院 Hinata Animal Hospital

住所

〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川2-32-7
東急バス 「新石川2丁目」から徒歩すぐ

お問い合わせ先
※土・日・祝日は18:00まで
※受付は各終了時間の30分前までとなります。
※19:00以降はご来院前にご連絡ください。19:00以降は夜間診療費が別途発生します。
※電話対応受付時間は20:30まで、とさせて頂きます。
診療時間 日祝
9:00~12:00
15:00~19:00
19:00~21:00
駐車場案内マップ
駐車場などの詳しい情報は画像をクリックしてご確認ください